50代の肌は化粧品で差がつく|美容成分をたっぷり補おう

エイジングケアのために

スキンケア

ピーリングで老廃物を除去

50代の女性が使う基礎化粧品は、エイジングに対抗するために十分な保湿効果を持つものであることが必要になります。しかし肌のうるおいを失うまいと思うあまり、保湿効果のある基礎化粧品を過剰に塗り重ねるのはおすすめできません。というのは、50代女性の肌は10代の頃と比べるとターンオーバーが緩やかになっており、古い角質が肌から?がれ落ちないまま残っていることが多いからです。古い角質を残したままでその上から保湿効果の高い基礎化粧品を塗り込んでも、肌が有効成分をぐんぐん吸収できるというわけにはいきません。そのため、50代女性のスキンケアとしては、まず肌の老廃物を落としてなるべくまっさらに近い肌にしてから、基礎化粧品でうるおいを補充することが大切です。

セラミド等でしっかり保湿

50代女性の肌から古い角質などを取り除くには、ピーリング効果のある基礎化粧品を使うとよいでしょう。ピーリング化粧水やピーリングゲルなど、最近ではいろいろな種類の基礎化粧品が販売されています。そうした基礎化粧品のピーリング作用によって古い角質を除去すれば、そこから美容成分が肌の奥へ容易に浸透できるようになります。ピーリング化粧品の種類にもよりますが、ピーリングをした後は肌がつっぱることもあるので、高い保湿効果を持つ基礎化粧品を使ってケアするのを忘れないようにすることが大切です。特にセラミドなどの配合された基礎化粧品が50代の女性の肌には向いています。セラミドは年齢とともに失われやすい成分なので、しっかり補給すれば肌の若々しさを保つのに効果があります。